ビジネスに生かせる資格って?種類をご紹介

これからのビジネスに役立つ資格

資格を選ぶ基準と実用性

ジャンル別に探す

事務系やITそして語学などジャンル別に、ビジネスでこれから活用できる資格を選択するのがポイントです。
どのジャンルが現在の仕事やこれから計画している業務に役立つのか調べます。

事務系だと簿記や情報処理そして法務に関する資格が有利です。
職歴以外にこれらがあると業務がスムーズに行えます。
営業職は自動車の運転免許が、ルート営業で必要な場合が多いです。

建設関連の工事会社だと危険物取扱など、現場で作業をする上で必要になるものが働く上でかなり役立ちます。
現場作業をしている会社で働く場合は、職種で必要な資格が異なるのが特徴です。
このように現在の仕事やこれから就業を考えている会社の業務内容によって選ぶ基準が違います。

給与が高い資格

高い給与が見込めることが、ビジネスに活用できる資格の条件です。
社会保険労務士や司法書士は給与が高い資格が必要な職業になります。
専門職に必要な資格があると高い給与が見込めるのが特徴です。

ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士は注目されている種類になります。
会社の経営に関わる内容や個人の資産運用のアドバイスができるので給与が高い専門職に就くために有利です。

公認会計士や簿記は経理系の仕事をする際に便利になります。
より高い給与を得るためや、転職そして独立をするなど事務系の仕事をしながらこれらを取得する方が増えているのが特徴です。
事務の職歴だけでなくこれらの何かに特化した資格がより高い給与につながります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る